太陽光パネル 種類から選ぶ

太陽光発電を太陽光パネルの種類から選ぶ

太陽光を利用して電気を生み出すことのできるシステムを太陽光発電システムと呼んでいます。

 

太陽光発電システムは太陽光発電専用のソーラーパネルに照射された太陽光を専用の機械を通して電気に変換するものです。

 

ただ、太陽光といっても太陽の光にはいろいろあるため、電気変換される波長はもともと決まっています。

 

太陽光パネルには半導体が使われるのが普通ですが、この半導体にもいろいろ種類があります。

 

たとえば、単結晶シリコン、多血症シリコン、薄膜シリコン、ハイブリッド型などがあり、それぞれ長所と短所があります。

 

小さくても発電量が多いもの、雪国に強いもの、曇に強いもの、安いものといろいろな特徴がありますので、安いからと安易に決めずに、いろいろと調べた上で太陽光発電を選ぶようにすることが大切です。

 

一番良い方法としては、複数の太陽光発電業者から見積もりを取り、太陽光発電の特徴の説明を聞くことです。無料で丁寧に説明して頂けるので、あなたのご自宅の環境に一番適したシステムをその中から選ぶようにすると良いでしょう。

 

この太陽光発電システムは大きな企業が導入しているのが一般的だったものの、最近では一般家庭への普及が急増しています。

 

これは、太陽光発電システムの性能が上がり価格が下がったことに加えて、余剰電力の売電や国、地方自治体からの補助金などが大きく影響しています。

page top