太陽電池モジュール

太陽電池モジュールについて

太陽電池モジュールが電気を生み出す仕組み

太陽光発電は、環境のためにも大変優れた電力の供給方法として、非常に高い注目を集めています。

 

しかし太陽光発電をより効率よく利用していくためには、太陽光発電がどのような装置によって成り立っているのかを知っておく必要があります。

 

太陽光発電によって作られた電気が、どのような過程を経て使用されているのかを知ることによって、より効率のよい電源の供給方法がわかってくると思います。

 

太陽光発電を行う装置の中で最も主なものとなるのが、一般的にソーラーパネルといわれている太陽電池モジュールといわれる装置になります。

 

太陽電池モジュールはn型シリコンとp型シリコンと呼ばれる2種類の異なる性質を持ったシリコン素材によって作られています。

 

n型シリコンとp型シリコンが重なっている場所に日光が当たると、それぞれが持っている+と-の電気が干渉し合い、双方の両端に設置された電極に電機が流れるという仕組みになっています。

 

シリコン板が重なっているだけという構造により、高い耐久性が実現しているのも、太陽光発電の特徴のひとつとなります。

 

ただ、太陽電池モジュールによって発生させられた電気も、そのままでは家庭用の電化製品を動かすにはいたりません。

 

現在一般的に使用されている電化製品は、交流という電気の流れ方によって作動するように作られているためです。

 

太陽光モジュールを使用して生み出された電気も、交流の形にすることによって、初めて電化製品を動かすことができるようになります。

 

その交流の電源を作り出す装置が、パワーコンディショナといわれるものであり、太陽光発電によって電源を供給するためには欠かせないものとなります。

 

<< 仕組み │ トップページに戻る │ 見積もり >>