ソーラーシェアリング

ソーラーシェアリングについて

産業用太陽光発電のシステムに関して、近年ではソーラーシェアリング呼ばれる新しい太陽光発電の利用方法が注目を浴びていることをご存知でしょうか。

 

広大な土地を必要とする農地に太陽光発電を設置するという考えのもので、農業をしながら太陽光発電をすることができるということで農家の人から特に産業用としての利用が人気を集めています。

 

ただこのソーラーシェアリングは法律によって規制されている部分が大きく、農業と併用してのソーラーシェアリングは認められていますが、農業を辞めてしまった上での売電目的の太陽光発電はできないので注意が必要です。

 

また、ソーラーシェアリングで産業用太陽光発電をしていくためには、農地で育てている果物や野菜が太陽光発電装置の導入によって悪影響がないかということを示す根拠が必要になるのに加えて、農地の野菜や果物を育てるために必要最低限の面積しか設置できないといった制約があります。

 

産業用太陽光発電システムを導入する多くの企業が安定した長期的な収入を確保するという理由で導入するケースが多いのですが、ソーラーシェアリングに関しては産業用太陽光発電によって得られる収入を最初に考えるのではなく、農業をメインに考えて可能なら産業用太陽光発電システムを取り入れようというものなので両者の区別には気をつける必要があります。

 

手続きに関しても通常の産業用太陽光発電システムの取り入れよりも多少手間がかかりますが、導入にあたってはそれ以上の魅力があるともいえます。

page top