産業用太陽光発電 メリット

産業用太陽光発電のメリット

産業用太陽光発電のメリット

産業用太陽光発電は余っている土地や有効利用できる土地を使って太陽光を吸収するシステムを作り、発電した電気を電力会社に売却できる仕組みなので土地と初期費用さえ投資すれば継続的な収入が得られるというメリットがあります。

 

このような長期的な収入が保証されているのに加えて、事業をするにあたってのリスクが無くかかるのは初期投資だけであることから人気を集めている産業用太陽光発電ですが、エコや環境保全に視点が向けられている昨今の日本ですから、産業用太陽光発電を設置することで地球環境を考慮している企業だという印象を持ってもらうことも可能ですし、企業としてのイメージアップを図ることができるという利点があります。

 

また、税金の面からも優遇されるので節税対策としての産業用太陽光発電の導入も広く行われており、設置から2~3年で平均的な太陽光発電による太陽光の発電量も分かるので、収支のシミュレーションが立てやすいというのも産業用太陽光発電のメリットであるといえます。

 

産業用太陽光発電で発電された電気は災害時にでも使えるという特徴がありますが、これにより災害や停電が起こってしまった場合でも電気の供給ができるので、電気の復旧が遅くて電気が使えない状況の時も非常用の電気供給ツールとして使用することが可能です。

 

そのため、急に電気の供給が絶たれてしまった場合でも事業の完全停止を回避することが可能で、電気を蓄電させることもできるので夜間の電力使用も可能となります。

 

 

<< | 太陽光発電見の見積もり | >>

page top