PID現象

PID現象で産業用太陽光発電システムを選ぶとどうなる?

PID現象を考慮に入れて産業用太陽光発電システムを選ぶと、海外よりも国産メーカーの太陽光発電を選ぶ方が良いかもしれません。

 

初期費用は高くてもトータルするとお得に太陽光発電システムを導入することになりそうだからです。そのことについて以下で触れていきたいと思います。

 

さて、産業用太陽光発電は低リスクであり、安定した収入が望めることから人気を集めています。

 

しかし、近年になり本格的に運用がはじまったものであるため、長期的な運用例が過去にないことから今後懸念されることがらいくつかあります。

 

その中の一つに産業用太陽光発電に設置されているソーラーパネルの耐久性に関して挙げられます。

 

たとえば、太陽光発電に設置されるソーラーパネルの性能が経年劣化によって落ちることで、太陽光の吸収効率が落ちて収益が減るという可能性などです。

 

経年劣化がはじまる時期が設置から数年のあいだの場合だと初期費用の回収も効率よく進まず、導入しない方がよかったと結果的になってしまうことが考えられます。

 

この吸収効率が落ちる現象をPID現象と呼び、先駆的に産業用太陽光発電の取り組みが行われてきたヨーロッパなどを中心にPIDの発生が報告されています。

 

ただ、日本製のソーラーパネルの場合はPIDが起こりにくい構造となっているので、経年劣化が他の国のソーラーパネルに比べて遅いというメリットがあります。

 

中国製のソーラーパネルなどの方が日本製のソーラーパネルに比べて金額がかなり安価となっていますが、その分PIDが発生しやすくなり経年劣化が早いというデメリットがあるといえるのです。

 

性質的に長期間運用になる産業用太陽光発電なので初期費用は惜しまず、PIDの発生が少ないものや経年劣化が遅いメーカー、保証がしっかりしているメーカーなどを中心にソーラーパネルを選んでいくとよいでしょう。

PID現象で産業用太陽光発電システムを選ぶ関連ページ

産業用太陽光発電のメリット
産業用太陽光発電にはいろいろなメリットがありますので、ここでは具体的にどのようなメリットがあるのかについて触れていきます。
産業用太陽光発電のデメリット
産業用太陽光発電は、ほぼ確実に利益が出せるとあって、大変なブームですが、メリットばかりではありません。ここでは産業用太陽光発電のデメリットについて触れていきます。
グリーン投資減税
太陽光発電は節税効果が高いといいます。ここではグリーン投資減税などについても触れています。
ソーラーシェアリング
新しい太陽光発電の利用方法として、ソーラーシェアリングというのをご存知でしょうか。ここではこの新しい仕組みについてのメリットやデメリットについて触れていきます。
土地を探すコツ
産業用の太陽光発電の土地というのはどんな土地でも良いというわけではありません。ここでは、太陽光発電を設置する土地探しのコツについて触れていきます。
メンテナンス
産業用太陽光発電のメンテナンスや維持はどのようにするとよいのでしょうか。ここではメンテナンスや維持についてのヒントをご紹介します。
業者の選び方
産業用太陽光発電業者はどこを選ぶべきか、迷っていませんか?ここでは、産業用太陽光発電業者の選び方の大切なポイントをご紹介します。