グリーン投資減税

グリーン投資減税と太陽光発電

グリーン投資減税で太陽光発電の導入が有利に

グリーン投資減税と呼ばれる環境関連促進税制が誕生したことにより即時償却等ができるようになったのに加えて、一般家庭に設置する場合は契約時から10年間で買取金額に変更がありますが、産業用太陽光発電による電気の売却の場合は契約より20年先まで一定の1kw一定の買取金額となるので、初期コストはかかるものの1度設置さえすれば長期的な収益が見込めます。

 

さて、あなたは太陽光発電をどこに設置しようと思っていますか?

 

産業用太陽光発電は工場や倉庫の屋根、アパートやマンション福祉施設・遊休地や耕作放地など設置する場所はさまざまですが、どこに設置するかで目的や利点が変わってくるので置く場所によって産業用太陽光発電を種類別に分けることができます。

 

工場や倉庫の屋根にソーラーパネルを設置する場合は太陽光をソーラーパネルが吸収してくれることで、気温が高くなりやすい工場や倉庫内の気温の上昇を緩めてくれる働きがあるという利点があります。

 

土地は持っているものの使用されていない土地がある場合は、ソーラーパネルを設置することで土地の有効活用で可能となるのに加えて、環境にも優しい自然エネルギーを生産することでイメージアップを図ることができます。

 

太陽光発電に使用されているソーラーパネルですが、等一の種類のソーラーパネルだけではなく販売しているメーカーによってソーラーパネルの種類が変わってくるので、個人住宅向けの太陽光発電と同じく産業用太陽光発電の場合も、複数あるメーカーから自社にあったソーラーパネル選びが必要となってきます。

 

→太陽光発電の無料見積もりはコチラ

page top