太陽光発電 見積もりとは

太陽光発電の見積もりとは?

太陽光発電システムを利用しようというとき、あらかじめ、その費用対効果などについて見積っておくことはとても大切です。

 

それは、個人として太陽光発電を利用する目的としては、光熱費の減額がいちばん大きなものであるためです。

 

クリーンエネルギーの利用ということで地球環境保護にも通じるとはいえ、割に合わなければ、高い費用をかけてやる必要があるか疑問に思うのは仕方のないことでしょう。最終的な目的は、光熱費削減にあるのです。

 

そのため、太陽光発電をはじめるにはどれくらいの費用がかかるか、そして、何年くらいで費用が回収できるかは、たいへん重要な問題になります。

 

太陽光発電を開始するには、商品代、工事代金、諸経費といったものが必要となりますが、これはメーカーや業者によって、かなりの差があります。

 

費用の見積りの内訳でいちばん大きなウエイトを占めるものは商品代ですが、その内容には、太陽光発電パネル、パネル設置用架台、パワーコンディショナーなどがあります。

 

太陽光発電パネルは電池モジュールなどとも呼ばれ、平均すると3.5キロワットほどのシステムです。パネル1枚が5万円程度のものを用いると、20枚設置して140万円ほどかかります。また、パワーコンディショナーは25万円程度、パネル設置用架台が20万円ほどの目安となります。

 

このほか取り付け工事代は、パネル設置用架台の設置費用が10万円、太陽電池モジュール設置工事費が30万円、電気配線工事費が20万円ほどと考えられます。

 

ほかにケーブルやモニター、リモコンなども必要となり、これらを合わせると7万円程度で、すべて合計すると250万円となります。

 

ただし、一度にすべての工事を任せて行えば、割引してくれることが多く、その分と国や地方自治体からの補助金を差し引くと、約170万円から180万円くらいでの導入が目安となります。

 

だだし、業者により何十万円も差が出る場合がありますので、見積もりは必ず複数社から取るようにした方が良いでしょう。

 

<< モジュール │ トップページに戻る │ 一括見積もり >>