クリーンエネルギー 一番

クリーンエネルギーについて

クリーンエネルギーの中で、どれが一番良いか?

クリーンエネルギーというのは、水、風、太陽といったどこにでもある自然界で得られるエネルギーで、有害物質の排出が少なく、地球に優しいエネルギーです。

 

さて、今地球は異常気象などにより悲鳴をあげている状態です。今後の地球では、これら自然エネルギーがエネルギーの主流となって行かなければいけません。

 

では、どの自然エネルギーが今後主流になっていくのでしょうか。

 

水力は既に実証済みですが、これ以上進歩を期待することはできません。ダムを造れば環境破壊になりますし、その割には費用対効果がよくありません。

 

風力に関しては風の強いエリアではすでに実用化されており、それなりの効果も出ているようです。なによりも導入期の現在でも他の発電と肩を並べられる費用対効果のようですから、もっと普及すればどんどん安くなるのではないでしょうか。

 

これに対して今までの“回転して電力を得る”方法とは全く違う方式なのが太陽光発電です。太陽光発電とは、実はその発明は200年も前だったのですが、効率が悪かったので“100年以上埋もれた技術”だったのです。

 

1950年代にシリコンが発明され、シリコンを利用した太陽電池パネルが登場して少し研究する気運が出てきたのです。

 

この太陽電池はNASAの宇宙計画では不可欠でしたが、地上ではさほど注目されていなかった状態でした。それが1974年のオイルショックによってまた脚光を浴び、それからはかなり研究に力を注がれてきたようです。

 

今では世界中でクリーンエネルギーブームとなっていますので、太陽光を利用した発電システムを進化させるべく研究を重ねています。

 

その結果当初の変換効率が1%もなかったのに対し、今現在では最高40%ほどまでその変換効率は上がっているようです。

 

一般的な太陽電池は現在20%前後の変換効率の電池パネルを利用しているようです。これからもっと改善されていくものと期待されている発電方式です。

 

 

<< 故障しないのか │ トップページに戻る │ 未来の発電方法 >>