ソーラープレーン

半永久的に飛び続ける航空機ソーラープレーン

ソーラープレーン 太陽光発電

太陽光発電が他の発電方法と比較して決定的に優れている点といえば、その装置の規模の大きさにあります。

 

太陽光発電は、比較的小さな規模で発電が可能です。そのため様々な装置に組み込むことが可能で、移動時など、安定した電源を供給することが難しいとされている場面においても電源を供給する手段になりえるのです。

 

移動時も安定して電源を供給することのできる手段として太陽光発電を最大限に生かしているものとされているのが、ソーラープレーンです。

 

ソーラープレーンは太陽光発電によって得られる電力を動力源とした飛行機であり、現在は無人飛行を行うために使用されていることがほとんどですが、ゆくゆくは有人のソーラープレーンも開発され、優れた移動手段として使用していく開発が進められています。

 

太陽光発電と蓄電池を組み合わせることによって、半永久的に飛び続けることのできる航空機が誕生するということから、ソーラープレーンは非常に注目されているものとなっています。

 

航空機のほかにも、他に何もない環境で電源を供給できる手段として、太陽光発電が使用される場面は大変多いものとなっています。

 

たとえば砂漠の真ん中で電源を供給するための手段として、らくだなどにソーラーパネルを積んで移動するということも珍しくないほか、海の真ん中で使用していくために船舶の補助電源としてソーラーパネルが使用されることもあります。

 

さらには宇宙空間ではソーラーパネルによる電源の供給が主流となっているなど、場所を選ばすに使用できるということが、太陽光発電の利点と考えられています。

 

 

<< 電卓・懐中電灯 | 太陽光発電・見積もり | >>

ソーラープレーン 太陽光発電関連ページ

電卓・懐中電灯
電卓、懐中電灯などにも太陽光発電は使われています。ここでは携帯できる小型のものへ太陽光発電利用がどのように使われているか解説します。