太陽光発電 故障

太陽光発電は故障しないのか?

太陽光発電システムにおける中心的存在となっている太陽電池パネルについてですが、これに対するメーカーの保証は、概ね10年に設定されています。

 

保証期間は10年ですが、パネルそのものは30年ほど寿命があるとされており、なかなか故障するものではありません。

 

そのため、大半の場合はパネルに対するメンテナンスは、ほとんど行われないというのが現状です。

 

それに対して、太陽電池パネル以外の装置はメンテナンスをしなければいけないことがあり、たとえばインバーターなどは数年で故障し、交換や修理などを行わなければいけない場合もあります。

 

具体的な費用は、装置の種類によっても変わってきますが、近年では太陽光発電システムの装置が、普及率の増加に伴い下がってきている傾向にあり、実際に交換が必要になるころには、メンテナンスにかかる費用はそこまで高額にならずに済むと考えられます。

 

しかし、実際に交換などを目前にして、思いもよらないほどの費用が必要になってしまうと、導入の意味が薄くなってしまいますので、導入時点で各種装置の交換に必要な費用を、業者との打ち合わせでしっかりと確認しておくことで、後々に抱える問題発生を防ぐことにも繋がるでしょう。

 

余談ですが、太陽電池パネルのメンテナンスが不要という説明をしていますが、掃除などは必要になる場合があるほか、採光条件などが周辺の建物の状況によって変わった場合などは、設置場所の変更などを行わなければいけなくなることもありますので、その点はしっかりと理解しておきましょう。

 

 

<< 見積もりの注意点 │ トップページに戻る │ クリーンエネルギー >>