売電

電力が売れる売電について

売電は太陽光発電の最大の利点

太陽光発電の最大の利点は何でしょうか?

 

太陽光発電は燃料不要の自家発電です。発電している間は電力会社から電気を買う必要がなくなりますので、電気使用量を抑えることができるようになります。結果、電気代などの光熱費が安くなります。

 

また、発生している温室効果ガスを抑えることができるため、地球温暖化に対するブレーキを踏むことになります。地球の環境に良いのです。

 

このように様々な利点が太陽光発電を利用することで得られるのです。

 

そんな太陽光発電を利用することの最大の利点ともいうべきものが売電によって収入を得ることができるということです。

 

売電というのは、太陽光発電を利用して自宅で電気を供給することが可能になった際に、自分の家で使用する以上の電気が供給された場合、その余った分を発電所に販売することができる制度です。つまり、電力を売って金儲けができるのです。

 

しかも毎月難しい事務処理など必要ありません。余った電力は自動的にお金になるというありがたい制度です。

 

今までは売電する際の価格というものは、ソーラーパネルの設置用途などを参考にして、電気の買い取り価格に大きな変動が見られるものでした。

 

しかし現在では少なくとも向こう10年は電気の販売価格が変動しないという制度が設けられ、より計画的に売電を行うことができるようになりました。つまり、安定した電力収入が得られるようになったということです。

 

そういった制度が確立されることによって、今まで使用していくことが難しいというイメージが強かった太陽光発電も、効率的に利用することができるようになり、より私たちの生活の中で身近なものへと変化していっているのではないでしょうか。

 

 

<< 社会的利点 │ トップページに戻る │ 補助金 >>