太陽光 見積もり

太陽光発電一括見積もりサイトのランキング!【無料】

タイナビ 太陽光見積もりナビゲーション

利用者100万人を突破の見積もりサイト!

 

タイナビをおすすめする理由は2つあります。実績(利用者数100万人を突破)があること。そして、利用者の91.2%が良かったと答えていることです。

 

タイナビは東京MXテレビでも取上げられています。タイナビが人気の理由は、企業(太陽光発電着業)の登録者数が業界bPであること。登録企業は、厳選な審査を行い悪質業者を排除していること。訪問販売のようなしつこい営業がなく安心であることなどです。

→【住宅用】タイナビで見積もり依頼!

 

→【産業用】タイナビで見積もり依頼!

 

対応エリア

ご利用金額

評価

全国 完全無料

パネイル 太陽光発電ガイド


顧客満足度93%の見積もり比較サイト!

 

満足度の高い理由としては、一流の太陽光パネルが安く導入できた人が多いということが挙げられます。

 

「太陽光発電ガイド」の場合、量販店やメーカー直営店と比較すると、中間マージンが発生しないため同じ製品でも「安く太陽光発電を導入できる」のです。

 

また、以下のサイトから見積もりを取ると「アマゾンギフト券」と「太陽光発電の導入に役立つチェックシート」をもらうことができるため、同じ見積もりを取ってもお得です。

 

→【住宅用】パネイルで見積もり依頼!

 

→【産業用】パネイルで見積もり依頼!

対応エリア

ご利用金額

評価

全国 完全無料 太陽光 見積もり,太陽光発電 見積もり

グリーンエネルギーナビ

国内bPの太陽光発電見積もりサービス!

 

グリーンエネルギーナビは、2年連続、国内ナンバー1の実績(2013年リフォーム産業新聞)の太陽光発電の無料一括見積もりサービスです。

 

グリーンエネルギーナビをおすすめする理由は3つあります。

・最短1分でお見積り依頼ができる。
・全メーカーに対応しているため、本当に適した太陽光発電を見つけることができる。
・加盟業者を厳選しており、安心できる業者へ見積もり依頼できる。

太陽光発電の見積もり依頼をするなら、まずは、グリーンエネルギーナビがおすすめです。

 

→【住宅用】 無料お見積り!

 

→【産業用】 無理お見積り!

対応エリア

ご利用金額

評価

全国 完全無料 太陽光 見積もり,太陽光発電 見積もり

電気の買取価格は下がってきている!

太陽光見積もり.biz|一括見積りサイトランキング!

太陽光発電を導入するときに気になる売電価格ですが、これは年々下落しています。

 

では、太陽光発電の導入はやめたほうがよいのでしょうか?

 

いいえ、実は、利益率は決して悪くはありません。
売電価格が低いのに利益が出るとはどういうことなのでしょう。

 

以下ではその点についてお話していきます。
導入を検討している人は、しっかりとチェックしていきましょう。

売電制度は電気をムダにしないための制度

オール電化な環境を手に入れる際には、まず電気の性質から把握しておくことが重要です。

 

これさえ知っておけば大体どのような形でオール電化を運用していけるのかが分かってきます。
といっても難しいことはなく、ただ1点「電気は溜めにくい」ということを理解しておけば大丈夫です。

 

電気は水のように溜めておくことができず、基本的には発電したら消費しなければいけません。
蓄電池もあることはあるのですが、完璧とは言えませんしまた安価でもないものです。

 

次に太陽光発電を運用した場合の状況を考えてみましょう。

 

太陽光発電によって電力を生み出した後、それは直ぐに消費されなければいけません。
人がいる場合はテレビやエアコン、パソコンや電子レンジなど消費先はたくさんあるでしょう。

 

ですがその家が留守だった場合、作り出した電力はただ単にムダになってしまいます。

 

こうして作り出されたにも関わらず使用用途の無い電力のことを「余剰電力」といいます。
折角作った電力ですから溜めたいところですが電気は溜められません。

 

こんな状況を解決するのが「売電制度」なのです。
何と余剰電力は電力会社が買い取ってくれ、生み出した電力はムダにならないのです。

買い取り価格は年々下落中

電力を買い取ってくれる売電制度ですが、気になるのがその価格です。

 

二束三文では利益になりませんし、設置費用の負担もあるので利益率によっては悩むところとなるでしょう。

 

ただ残念ながら、買い取り価格は年々下落しています。

 

一般的な家庭用太陽光発電に用いられる10kW未満の設備における1kWあたりの売電価格は次のように推移してきました。

2012年 42円
2013年 38円
2014年 37円
2015年 33円(出力制御対応機器なし)
2016年 31円(同上)
2017年 28円(同上)

 

5年間で14円も低下しています。

 

例えば1,000kWを売る場合、2012年時点で電力を売っていれば42,000円となったのですが2017年では28,000円にしかなりません。
これは利益という側面から考えるとなかなか厳しい情勢といえるでしょう。

 

なおこの価格については国が決めており、具体的には調達価格等算定委員会が算出し経済産業大臣が認可するという流れで決定されている形です。

 

そしてこれからの見込みですが、何ともっと下がっていくと思われます。

 

むしろこれまでそうした流れなので自然な形ともいえるでしょう。
ではなぜ価格が低下していくのかについても見ておきましょう。

太陽光の設置代金が安価になりつつある

太陽光発電を導入するには大きな初期費用が必要です。

 

クリーンでエコなエネルギーではあるのですが、現実に太陽光発電を使おうとするとコストという問題に直面するでしょう。

 

この価格を見ただけで少し太陽光発電を導入する意欲がなくなるかもしれません。

 

ただ、この初期費用なのですが、実は年々安価になりつつあるのです。
太陽光発電が普及するにつれて技術が進歩し、低いコストで製造及び設置が可能になってきました。

 

そのため導入コストは以前に比べるとかなり安くなっている状況なのです。

 

ただそこで疑問になるのが「なぜ売電価格を下げるのか」という点でしょう。

 

売電価格が高いままであればより普及するはずですし、家庭にとって大きな収入源となるはずです。

 

次にそのあたりを見て行きます。

諸外国よりも高い日本の売電価格

実は日本の売電価格というのは外国と比較するとかなり高い状況にあったりします。

 

これは大規模な2,000kWのケースなのですが、2012年時点で1kWあたり日本が40円のとき、オランダでは約13.2円、ドイツでは約18.9円、フランスでは約25.6円でした。

 

その後、2015年に日本が27.0円まで下げたとき、オランダが約11.9円、ドイツが約10.4円、フランスにいたっては約9.8円となりました。

 

参考:http://www.meti.go.jp/report/whitepaper/data/pdf/20180207001_1.pdf

 

日本は先進国の中でも飛びぬけて売電価格が高いといえるでしょう。
足並みを揃えるためにも今後も電力価格は下落していくはずです。

バランスの良い価格を目指している最中

売電価格が高いということは電力会社にとって大きな負担をかけることになります。

 

極論で考えてみると1kWを1億円で電力会社に売りつける場合、電力会社は容易く破綻するでしょう。
ですが1kWが1円ならむしろ電力会社は嬉々として買い取るかもしれません。

 

電力会社は電力というインフラを支える重要な役目を担っているので過剰な負担をかけ続けるわけにはいかないのです。
また、売電価格が下落し、かつ初期費用も安価で済むようになれば社会的なインフラに組み込みやすくなります。

 

全体的なコストが低下することで普及しやすくなるわけです。
順調に価格が下落していけばクリーンエネルギーに満ちた社会が誕生するかもしれません。

 

このように、社会に太陽光発電を普及させるためには売電価格の下落が不可欠なのです。
電力会社の利益と導入費用のコスト回収のバランスがつりあう辺りで横ばいになるかもしれませんが、ともかく今は下落傾向。

 

では今導入したら損するしかないのか、というとそんなことはなかったりします。

固定価格買取制度のおかげで利益率は良い

実は太陽光発電の売電では「固定価格買取制度」というものが採用されています。

 

これは設置時に設定されている売電価格を一定期間固定してくれるという利用者にとってかなり有利な制度だったりするのです。
例えば売電価格が28円のときに機器を設置すれば、その後買取価格が下落しても関係なく28円で買い取ってくれます。

 

では一定期間がいつまでなのかというと、概ね10年となっています。
10年間は価格が固定しているため下落の心配はなく、またコストの計算も簡単に済むでしょう。

 

コストの変動が無いということは利益を考える上でこれ以上に有利なことはありません。
ただ10年という期間が過ぎた後にどうなるかは誰にも分かりません。

 

この価格を電力会社が高いと判断すれば急激に下落する恐れもあるでしょう。
基本的にはこの10年間と導入時の売電価格からコストを算出することをおすすめします。

売電価格のまとめ

売電価格は年々下落しています。

 

ですが初期費用も同じように安価になってきているため問題なく利益を出すことはできるでしょう。

 

初期費用と売電価格の関係は概ね同じように推移しているため、今すぐに導入しなくても良いと考えられます
ですが2017年に固定価格買取制度を廃止してはどうか、という議論も出始めました。

 

参考:http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201707/CK2017070502000115.html

 

直ぐに廃止するわけではありませんが、2018年には風力発電の固定買取価格制度における区分を1つ縮小しています。

 

参考:http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1801/23/news031.html

 

こうした流れもあるため、太陽光発電を導入するには早いほうが良いかもしれません。

 

固定価格制度という有利な制度についてじっくり検討してみる価値は十分にあるといえるでしょう。

太陽光見積もりランキングについて

見積り業者はたくさんありますので、どこを使えば良いか迷いませんか?

 

本サイトは、独自の調査により本サイト管理人が利用するならば「この見積サイトが良い!」という視点でランク付けしています。

 

独断と偏見による太陽光見積り会社のランキングサイトですが、あなたの調査の時間を大幅に減らすだけでなく、地元の優良業者を見つけるとこができ、格安で契約することができるでるでしょう。


 

以下は、自信を持ったランキングです。ぜひ、太陽光発電システムの導入時はご活用ください。

 

一括見積もりの活用で、50万以上も値下がりする理由は?

一括見積もりサイトを利用する利点は、複数の会社に片っ端から連絡を取る手間を省くことができます。しかし、一括見積もりのメリットはそれだけではありません。実は、値段も大幅に安くなる傾向があるのです。

 

一括見積もりサイトを使うと、どの業者も、他社と比較されることを理解しています。つまり、高い値段を出すと不信感を抱かれるため、底値付近で見積もりを出してくるケースが多いのです。

 

一括見積もりサイトを利用すると、あなたが面倒な値引き交渉をしなくても値引きされた金額で太陽光発電システムを設置できるというわけです。中には、他の見積もり金額より50万円以上も安く導入できたケースもあります。

太陽光発電の性能はどこで見る?

太陽光見積もり.biz|一括見積りサイトランキング!

太陽光発電パネルの性能を見る上で、わりと重要な目安になるのが、そのパネルの「公称最大出力」です。

 

ものによってはパネルではなく、更に小さい太陽電池ごと(セル)の数字を出している所もありますが、公称最大出力といえば通常は1枚のパネル全体(モジュールという言い方をされる事もあります)の発電能力を指すとJIS規格に定められていますので、惑わされないようにしましょう。

 

ちなみに、この公称最大出力が出る条件は、「気温25℃のとき、地球の大気に対して41.8度の角度で入ってきた太陽光を、1u当たり1000Wの強さで当てた場合」です。

 

 

太陽光見積もり.biz|一括見積りサイトランキング!

この条件は、春先の過ごし易い時期の快晴時の日光の条件に当てはまりますが、そこからズレると、発電量が変わってしまいます。

 

季節が夏になれば、気温上昇に伴う発電効率の低下が起こりますし、逆に冬になると、太陽の位置が低くなるので十分な日光の量が得られなくなるだけでなく、地域によっては雪が積もるために、パネルが覆われてしまう事もあります。

 

かならずしも通年に渡ってその出力が保証されているという訳ではないということです。むしろ、ほとんどの場合、精密に計測するとそこまでの発電量は出る事は滅多にないといえます。

 

とはいえ、太陽光の条件が同じで、大きさも同じパネルであれば、公称最大出力の高いものほど発電能力が高い事は確かです。

 

実際は発電システム全体の価格バランスや、設置条件なども絡んできますが、単純な性能比較をするならまずこの数値を見ておけば間違いありません。

太陽光の見積もりについて

太陽光発電は、「複数の業者で見積もりを取らなければいけない」ということを聞いたことはないでしょうか?

 

では、なぜ複数業者から見積もりを取るべきなのでしょう。

 

それは、メーカーや施工業者によって、同じ製品であっても価格がまったく異なるから、というだけでなく、太陽光発電も使われている素材により、お住まいの気候風土や設置できる面積に応じて向いている製品が違うからです。

 

太陽光発電システムの価格面に関しては、実際に数万から数十万の価格差が出るケースが少なくありませんから、しっかり見積もりする必要があります。

 

特に訪問販売の太陽光発電の場合は、今日申し込めば安くなる、などと急かせるケースもあります。複数の業者と比較するひまもなく契約を結んでしまう場合は、後々後悔するケースがありますので、注意が必要です。

 

その点安心なのが、太陽光発電の一括見積もりサービスです。一度の情報入力で数社の見積もり依頼をすることができるため大変便利。無料で複数社を具体的に比較することができます。

 

太陽光発電システムは、今後数十年も使う設備ですから、面倒でも必ず複数社から見積もりは取るようにしたいものです。

太陽光発電で利益を出すために

太陽光発電は環境に良いという考えだけで導入すると損をしてしまいます。せっかく導入するのなら、利益を出すためにどうするのかということを考えてみましょう。

 

太陽光発電は最初こそ高い買い物ですが、ソーラーパネルの維持費や管理費は必要ありませんから、初期費用を早い段階で回収できれば、必ず利益が出てきます。

 

くり返しますが、ソーラーパネルは維持費や管理費が必要ないわけですから、問題は初期費用だけということなのです。

 

この初期費用に関しては、国や都道府県、市町村区などから補助金や助成金が出る出ないによっても大きく異なってきます。

 

また、補助金や助成金が出る都道府県や市町村区にお住まいであっても、枠が一杯になれば年度の途中で打ち切られてしまいますので、申込むなら早いほうが良いということになります。

 

また、太陽光発電の補助金や助成金は、全般的に年々縮小の傾向がありますので、そういった意味でも早く申込みをする方がお得と言えます。

 

最新の補助金情報は役所に問い合わせると知ることができますが、太陽光発電の業者も把握していますので、見積もりに来た時にしっかりと聞いておくと良いでしょう。

太陽光発電設置のメリット・デメリット

ソーラーパネルは屋根の上に設置するので、設置するだけでメリットやデメリットが発生します。

 

たとえば、ソーラーパネルを屋根に設置することにより、夏場の焼ける屋根に日陰をつくることができるため、家が涼しくなります。また、冬は冷たい空気を遮断する断熱効果が期待でき温かい室内になります。

 

ただし、ソーラーパネルは軽量化されていますが、屋根への負担はないとはいえません。

 

経過年数の経った住宅や中古物件では、ソーラーパネルの設置が厳しいケースもあるのです。

 

そんな心配もあって、太陽光発電のある住宅を購入する方も増えています。

 

太陽光発電の導入に失敗しないためにも、しっかりと太陽光発電のメリットとデメリットを把握しておきたいものです。

 

それから、コマーシャルなどのイメージだけで太陽光発電システムを判断する方が多く見られますが、実際とイメージは違います。いろいろなメーカーを比較して最終決定するようにするようにしましょう。

 

 

<< | ページの先頭に戻る | 太陽光発電の仕組み >>

page top